1/8

HONEY

TOYAMA GLASS STUDIO

蜂蜜の輝きを収めるアートピース

日本屈指のガラス作家を抱える富山ガラス工房。そこでガラス作家の和田修次郎さんと出会った。

 

制作過程を見学している中で、「吹く」という原始的な動作から生まれる美しい造形と無垢な輝き。

ガラスの中に現れた空気の形状は、卓越した技術の賜物と言える。

 

ガラスの反射と屈折によって独自の艶やかさを持った「蜂蜜瓶」の構想が生まれた。

ボトルのまま日常に放置されていた蜂蜜の瓶をもっとアートピースのような存在にできないかと思っていた。

 

そんな折、富山ガラス工房で目にした手吹きガラス。二つの素材に共通する、シンプルな形状と滑らかなテクスチャー、美しい輝きが私たちをうっとりさせる。ユニークな空気の形が現れ、蜂蜜瓶のアートピースができあがった。

Photo by Ryohei Maehara

Toyama movie by Shiori Fukada, Towa Nakamura

Toyama Glass Studio, Shujiro Wada

HONEY / 2021