1/5

OASIS

HIROSHIMA CITY MUSEUM OF CONTEMPORARY ART

透明な時に満たされた泉

広島市現代美術館で展示したインスタレーション。吸水性ポリマー(高吸水性分子)と呼ばれる素材に水を含ませた透明ビーズを用いて、美術館内に泉を出現させた。

 

透明な光と時を閉じ込めた水の粒は、展示期間中、徐々に気化して小さくなってゆく。時の経過と微細な光の変化をただひたすらに見つめる。

 

太古から人類の営みに欠かせない「水」という素材を通して浮かび上がる、生命の起源。光と時、そして水の記憶を垣間見る作品。

Hiroshima City Museum Of Contemporary Art 2018

Photo By Akihiro Inoue

Movie By Ayako Larissa Kono

OASIS / 2018